みやそうでは社葬や合同葬、一般葬などの大規模なお葬式から、ご家族・親族中心に、必要最低限の低価格に抑えた家族葬、密葬などを承っております。

News & Topics

【イベント】第27回みやそうグループ文化講演会(渡部 陽一さん講演)

第27回みやそうグループ文化講演会として、
戦場カメラマンでジャーナリストの渡部陽一さんの講演会が開催されます。
テーマは「戦場の現場から祈りを捧ぐ~命の大切さ 互いを愛し、敬いあうこと~」。

<開催概要>
■開催日時:5月20日(金) 18時00分開場 18時30分開演
■開催会場:メディキット県民文化センター 演劇ホール
■後援:宮崎銀行 宮崎日日新聞社 MRT宮崎放送 UMKテレビ宮崎
■入場料:無料(ただし入場券が必要です。)
 4月13日(水)より下記ホールにて入場チケットを配布いたします。

  ●配布時間10:00~16:00
    ・みやそう会館  ・清水ホール  ・花ヶ島ホール
    ・吉村ホール   ・大淀ホール  ・大塚ホール
    ・江平ホール   ・神宮前ホール ・南高松ホール
    ・希望ヶ丘ホール ・弔家の灯宮崎駅東
  ●配布時間10:00~15:00
    ・佐土原ホール  ・国富ホール
    ・清武ホール  ・高岡ホール

■問い合わせ:株式会社エポック・ジャパン
宮崎支社 電話番号 0120-662-030

<プロフィール等>
テレビ画面から受ける印象通り、渡部陽一さんの講演は、あの独特の語り口調で進められますが、
身振り手振りで体全体から伝えようとする言葉の一つ一つや、映像を取り入れた内容は、
聞く人を最後まで釘づけにすると、高い評価を得ています。

人権、学校・PTAをはじめ、大人から子どもまで、命の大切さ、広い視野の形成、
自分から積極的に行動することの尊さなど、多くの気付きを含んだ講演で、
実際に体験された様々な内容のお話をしていただきます。

聴講者からも「今自分たちが置かれている状況がいかに恵まれているのかを実感した」
「世界にはまだまだ多くの国や地域で戦争があり、命の大切さを痛感させられた」など、
渡部陽一さんが実際に体験された内容だけに、真剣に耳を傾け、映像にも見入ってしまいます。
講演の内容はもちろんですが、渡部陽一さんのパフォーマンスも必見です。

■プロフィール
学生時代から世界の紛争地域の取材を続け、以後、激変する世界情勢の渦中に飛び込み、
戦場・変革現場での取材・発信を続ける戦場カメラマン。
各地の取材を通じて痛感した命の大切さ、深淵な人間愛、平和希求のメッセージを、
写真と文章で世界に発信するため、講演活動も精力的に実践中。

■職歴・経歴
1972年9月1日静岡県富士市生まれ。明治学院大学法学部法律学科卒業。
学生時代から世界の紛争地域を取材。
これまでの主な取材地はイラク戦争のほかルワンダ内戦、コソボ紛争、チェチェン紛争、ソマリア内戦、
アフガニスタン紛争、コロンビア左翼ゲリラ解放戦線、スーダン、ダルフール紛争、パレスチナ紛争など多数。

■講演活動
世界各地130ヶ国以上、激変する最前線の現場に飛び込み、その渦中で暮らさざるを得ない人たちや闘わざるを得ない戦士たちを
取材し続けてきました。
戦争という悲劇が引き起こす惨状、それに続く数々の負の連鎖は救いようも無いように感じます。
でも、惨状の現場にあっても、深い家族愛や人間愛に出合い、平和への切なる希求を痛感します。
写真をご覧いただきながら、会場のみなさんと共に、世界の平和について考えあう機会になればと思います。

第27回みやそうグループ文化講演会(渡部 陽一さん講演)画像

ページトップへ